Thursday, December 26, 2013

***わたしの2013ねん~舞台編~***

今日「マクベス」を観て、今年の芝居納め(?)をしてきました(*´∀`*)

25本くらい観た中で、今年のMYベスト3を挙げると

☆1.風琴工房「国語の時間」
☆2.世田谷パブリックシアター「春琴」
☆3.KAKUTA「秘を以て成立とす」
です!

1…美しすぎ鋭すぎ切なすぎ。加藤虎ノ介に惚れる。
2…初演から観続けて3度目だけど、良いものは良かった。
3…初KAKUTA。パズルのピースが集まって&はまっていくのを感じた。

来年も心ときめくお芝居に出会いたいです(´∇`人)♡

『マクベス』

coming soon....

Saturday, December 21, 2013

Spinnin Ronin Japan『積む教室』

coming soon....

Tuesday, December 3, 2013

『彼女の素肌』

coming soon....

Sunday, November 10, 2013

『クリプトグラム』

coming soon....

Friday, October 25, 2013

『MANSAI◎解体新書』

coming soon....

Saturday, September 7, 2013

『ジャンヌ』

coming soon....

Sunday, August 4, 2013

世田谷パブリックシアター『春琴』

coming soon....

Saturday, July 20, 2013

Noism『ZAZA~祈りと欲望の間に』


『ZAZA~祈りと欲望の間に』
@静岡芸術劇場

演出振付・照明:金森穣
衣裳:堂本教子
椅子&机:須長檀
出演:Noism1


第1部『A・N・D・A・N・T・E』 
[音楽]J.S. Bach 《ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調第2楽章Andante》

第2部『囚われの女王』
[音楽]J.Sibelius バラッド《囚われの女王 The Captive Queen, Op.48》

第3部『ZAZA』
[音楽]soundtrack by THE THE《MOONBUG》《TONY》より抜粋

Friday, July 19, 2013

演劇集団声を出すと気持ちいいの会『女郎蜘蛛』


@SPACE雑遊

作・演出:山本タカ

出演:後藤祐哉/石綿大夢/草野峻平/穂高みさき(以上、声を出すと気持ちいいの会)
加藤ひろたか/國重直也/廣瀬瞬/宮崎優里/吉田壮辰


 2005年に劇団離風霊船の『赤い鳥逃げた…2005』を観たことがあります。1985年に起きた日航機墜落事故がモチーフになっている作品で,中森明菜の「赤い鳥逃げた」が劇中に使われているのです。CD自体は事故の3ヵ月前に発売されているけど,劇中の「赤い鳥」とは日航機のこと(最近JALのロゴマークが変わって,赤い鳥が復活してますよね)。
『女郎蜘蛛』も,『赤い鳥…』のように効果的な曲がありました。槇原敬之の「Hungry spider」。ぴったりすぎて,怖い。そんな気持ちさえしました。

 私は2009年の新橋ストーカー殺人事件のことをほっとんど覚えていなくて,お芝居中も全然ピンとこなかったのだけど,この感想を書くためにぐぐってみたら,劇に出てきたことがそっくりネットに載ってて(もちろん時系列としては逆なんだけど),びっくりしました。それがわかった状況で,改めて実際の事件と山本さんの狙いをかみかみと咀嚼してみると…やー,アタマとセンスがいい人なんだろうなぁ。うん。

 今までコエキモを観たことがなかったのだけど,すーごく面白かったです!(あ。主演のみさきちゃんと彫り師の草野くんが出ている作品は何度か観たことあります。というかとあるカンパニーで一度ご一緒しているの。)知り合いが出ているということを差っ引いても,濃厚で味わい深い舞台だと感じました!
例のとあるカンパニー以外では,同い年の人が主催してるカンパニーのお芝居を観るのも初めて。同じ1988年生まれとして,山本さんの当日パンフレットに書かれてたことは非常に共感できました。「そうそう,最近私が思ってたのはこういうことだわー」って。

 個人的に,みさきちゃんがすごくよかったです…(*´`*)どなたかの感想で「悲鳴がきれいだった(よかった?)」って見たのですが,確かに!(笑)悲鳴なのに!!
あと役名忘れちゃいましたが,「みなるん」って呼んでる人も素敵だった…。あー,いるよないるよなこういう人って。

 そうそう。修論のテーマで「いい子」を扱ってるので,そういう意味でも興味深かったなぁ。
学生演劇って卒業するとなかなかムズカシイように感じるけど,頑張ってほしいなぁ。いつかトラムで観てみたいです(*´▽`*)

そんなこんなで感想でした。まとまりなくてごめんなさい。
(はっ,ポストトークに出られていた吉田小夏さんがとってもかわいくてファンになっちゃいました。笑)

Sunday, July 14, 2013

長野県松本蟻ヶ崎高校演劇部 第65回ぎんが祭公演『滄海(うみ)は還らず』

@長野県松本蟻ヶ崎高校231教室

作:日下部英司
出演:長野県松本蟻ヶ崎高校演劇部

(2014.7.22作成)

スミマセン…。私のこのブログの中では一番開かれているページらしいのですが,ずっと上の3行しか書いていませんでした…。
申し訳ないので&先々週蟻高の作品を観たので,こちらも記憶を頼りに書いてみたいと思います。


今年(2014年)の5月に『永遠の0』を観たのですが,鑑賞後,この作品をもう一度観たくなりました。
この時代に,何のために生きるのか,誰のために生きるのか…根底に流れるものに,繋がる何かを感じました。


この作品は,3年前にもぎんが祭や大会で上演されたものだそうですが,初演時私はご縁がなく,拝見する機会がありませんでした。

何かを再演するには,それなりの狙いや意図,思い入れがあるものだと私は思います。3年前ということで,今回舞台に携わった部員の方は誰一人,初演時当事者ではなかったと思います。中3でぎんが祭に来た子が高3で演じる…みたいな感じなのかな。それってすごくうれしいことなのではと思います。観た作品がその高校や部活を目指すきっかけになって,自分がそれを創る側に回れたら。そう思うと,高校演劇ってやっぱり素敵です。

さて!
カサハラさんOPでやられました!

だって!
『くじらの墓標』のOPなんだもの!!!!!!!!!

(『くじらの墓標』…坂手洋二作。長野県田川高校演劇部が2003年度に上演していた作品。天王洲アイルのサマーフェスティバルに参加した作品で,多分田川的にもすごく思い入れの強い作品だと思われます。さらに関東大会まで出場。一度観たら忘れられない,強烈な作品だったのです。)(私,年齢不詳…?)

ちなみにタイトルでわかりますが,『くじら』も海のおはなし。
あのOPの曲は,海が合いますね…。哀愁漂う感じ。もう取り戻せない過去が,漂っている感じ。そんな曲。

そして今作のOPは,登場人物達が亡霊のように,かないっこない集合写真のように,ぼうっと集っています。それが少しずつフェイドアウトしていくの。きれいで,印象的でした。


1年経つと記憶は薄れるもので(スミマセン…。),ストーリーはあんまり覚えていないのですが,
ヒロインの豊子役の方が,すごーーーーーーーーーーーーく素敵でした!(*゜ロ゜*)
浴衣?着物の合わせが死んだ人になっている謎が謎のままでしたが(いずれ死ぬのだろうけど…今から!?みたいな),ふわっとしているけど凛としていて,一本筋が通っているようで。よかった…。
でも捨てられてしまって…切なかった…。

あと,小林さん役のしれっとした感じが素敵でした。前年の『私の一番の希望たち』でも出演されていた方で,その時もそんな感じだったので,若干素なのでは…と思いますが(笑),あぁいう感じの方好きです。

(ゼロ戦にどうやって乗るんだろう…)と思っていましたが,うまいこと立体的にみせてるなぁ~と思いました。コンパクトな箱(教室)なので,ちょうどよかったと思います。


パンフレットの日下部先生の言葉を読むと,高校生の方々も,ゼロ戦パイロットの方のお話を伺ったようで…。今の時代,とても貴重ですね。私は修学旅行でひめゆりの記念館に行っても直接お話を伺うことはできなかったので,うらやましいです。

そうそう。パンフレットといえば,蟻高のパンフレットが手作り感いっぱいで,好きです。
パソコンもデザインソフトも充実している2010年代に,あえて手書きの表紙とレタリング!!!!!
ひとりひとことも,部員の方の人となりが表れる感じがして,読むのが楽しみです。部外者なのに身内気分になれます。(迷惑)

はー。もう一回観てみたいなぁ。
でも叶わない。それがお芝居ですから。

Sunday, June 23, 2013

TCアルプ『月と泥棒と太陽と』


@まつもと市民芸術館(小ホール)

作・演出:加藤直
美術:串田和美

出演:TCアルプ
佐藤卓/武居学美/内藤栄一/細川貴司
佐藤友/丸山港都/下地尚子/高橋英希/直原薫

片岡正二郎

Saturday, June 22, 2013

『オセロ』

チラシ画像
@世田谷パブリックシアター

作:W.シェイクスピア
翻訳:福田恆存
構成・上演台本・演出:白井晃
振付:井手茂太

演奏:生駒祐子/波多野敦子/清水恒輔
出演:仲村トオル/山田優/赤堀雅秋/高田聖子/加藤和樹/水橋研二/有川マコト/近藤隼/谷村実紀/白井晃

Saturday, May 4, 2013

サダリ・ムーブメント・ラボラトリー『ヴォイツェック』

チラシ画像

@シアタートラム

原作:ゲオルク・ビューヒナー
演出:イム・ドワン 

出演:サダリ・ムーブメント・ラボラトリー(S.M.L.)

Saturday, March 23, 2013

空っぽ人間『部屋』


@Broader House

原作:谷川俊太郎『部屋−詩劇のためのスケッチ』『どんどこどん』より『わたしとあなた』

構成・演出:大澤遊
出演:近藤隼/中村美貴/日替わりキャスト

Friday, March 22, 2013

燐光群『カウラの班長会議』



@下北沢ザ・スズナリ

作・演出:坂手洋二

出演:John Oglevee/Benjamin Beardsley
鴨川てんし/川中健次郎/猪熊恒和/大西孝洋/水津聡/杉山英之/鈴木陽介/武山尚史/小林尭志
円城寺あや/中山マリ/松岡洋子/樋尾麻衣子/横山展子/田中結佳/福田陽子/永井里左子
東谷英人/今井淑未/小寺悠介/櫻井麻樹/城田将志/鈴木穣/松田光宏/三宅克幸/山村秀勝
石川久美子/大内慶子/勝田智子/佐次えりな/清水さと/長谷川千紗/布施千賀子/真鍋碧/水野伽奈子/渡邊真衣

Saturday, March 16, 2013

山田うん ソロダンス 『ディクテ DICTEE』

チラシ画像

@世田谷パブリックシアター

振付・演出・出演:山田うん
原作テキスト:テレサ・ハッキョン・チャ「ディクテ」

Friday, March 1, 2013

KAKUTA 『秘を以て成立とす』

チラシ画像
@シアタートラム

作・演出:桑原裕子

出演:成清正紀/若狭勝也/原扶貴子/野澤爽子/高山奈央子/佐賀野雅和/ヨウラマキ/桑原裕子
[ゲスト] 清水宏/藤本喜久子/瓜生和成(東京タンバリン)/吉見一豊(演劇集団 円)

Wednesday, February 27, 2013

風琴工房code.32『国語の時間』



@座・高円寺

作:小里清
演出:詩森ろば(風琴工房)

出演:加藤虎ノ介/中村ゆり/峯岸のり子/栗原茂(流山児☆事務所)/佐藤拓之(双数姉妹)/仗桐安(RONNIE ROCKET)/酒巻誉洋/斉藤悠/清水穂奈美/松田洋治

Saturday, February 23, 2013

『マクベス』

チラシ画像

@世田谷パブリックシアター

原作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:河合祥一郎
構成・演出:野村萬斎

出演:野村萬斎/秋山菜津子/小林桂太/高田恵篤/福士惠二

Thursday, February 14, 2013

カンパニーデラシネラ 『異邦人』

チラシ画像

@世田谷パブリックシアター(東京・三軒茶屋)

原作:アルベール・カミュ
翻訳:窪田啓作(新潮文庫刊)
構成・演出:小野寺修二
出演:片桐はいり/菅彩夏/田村一行(大駱駝艦)/手代木花野/藤田桃子/森川弘和/小野寺修二

Sunday, February 10, 2013

ペンギンプルペイルパイルズ 『cover』

チラシ画像

@シアタートラム(東京・三軒茶屋)

作・演出:倉持裕
出演:鈴木砂羽/小林高鹿/ぼくもとさきこ/玉置孝匡/近藤フク/吉川純広/谷川昭一朗

Thursday, January 24, 2013

シアタートラム ネクスト・ジェネレーション vol.5 演劇集団 砂地 『Disk』



@シアタートラム(東京・三軒茶屋)

作・演出:船岩祐太
出演:田中壮太郎(俳優座)/小瀧万梨子(青年団)/藤井咲有里/野々山貴之(俳優座)/中村梨那(DULL-COLORED POP)/岸田研二

Thursday, January 17, 2013

シアタートラム ネクスト・ジェネレーション vol.5 カムヰヤッセン 『やわらかいヒビ』



@シアタートラム(東京・三軒茶屋)

脚本・演出:北川大輔

出演:金沢啓太/小島明之/辻貴大/
太田宏(青年団)/工藤さや/小林樹/ししどともこ/橋本博人/
花澄/佐賀モトキ/島田雅之(DART’S)/中島美紀(ポかリン記憶舎)/森田祐吏(北京蝶々)/ヨシケン(動物電気)/
板倉チヒロ(クロムモリブデン)
岸野健太/齋藤香帆/陣内ユウコ/関谷誠(sekiya makoto 2 man live)/裕本恭(劇団東京ペンギン)/堀内萌/丸山夏未(劇団チャリT企画)/美吉弘恵/山口高靖/山本陽子/渡部彩萌